白髪染めをやめる方法やタイミングを紹介 -美頭皮のすすめ-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
白髪染めをやめる

「白髪染めがめんどくさい」「髪が痛んでしまった」「グレイヘアーに挑戦してみたい」と考えている女性が増えています。実際に白髪染めをやめた女性達の理由や、おすすめのやめる方法を紹介していきます。

白髪染めをやめたい理由

これまで行っていた白髪染めをやめたいと考えている人たちが、以前よりも増えているようです。白髪染めをやめようか迷っている方にむけて、他の人がどんな理由で白髪染めをやめようと思ったのか紹介していきます。

白髪染めがめんどくさい

白髪染めをやめたいと思っている人の大きな理由の1つに、白髪染めをするのが面倒くさい、という理由があげられます。

 

美容室に行くことがめんどくさい

美容室でやってもらう場合には、白髪染めやヘアカラー剤、ヘアマニキュア剤などを使用するのが一般的です。施術方法は一般のカラーリングと同じ手順のため時間も同じくらいかかります。

美容院では、髪のプロである美容師さんが白髪染めを行ってくれるので、安心できるのがメリットです。パーマやカットなど他の施術も一緒に行うと、さらに時間がかかります。

 

白髪の場合、髪の毛が伸びてくると、根元辺りが気になり、毎月美容院に通っている方も少なくないようです。こうなると、美容院に行くこと、時間をかけること、などがめんどくさくなってきてしまうようです。

 

セルフカラーの準備がめんどくさい

白髪染めは市販の商品で、自宅で行うこともできます。好きな時間に自分ででき、使用方法も簡単な商品が増え便利ではあります。

ただし、染めるための準備から染める作業をすべて自分で行わなければなりません。自宅だと、床や家具に付かないように、気を使い疲れてしまう、という意見も聞きます。

さらに、セルフカラーリングのため、染め方によっては仕上がりに色むらができてしまって、きれいに染め上がらないこともあるでしょう。髪質によっても仕上がりが違ってきますが、自分に合ったものを自分で選ぶしかありません。

美容室のように髪質を見てプロが判断してくれるわけではないので、誰でもきれいにできるとは限らないのもデメリットです。

 

こういった点から、めんどくさいと感じ、白髪染め自体をやめる方法を探す方もいらっしゃいます。

白髪染めで髪が痛んでしまった

ダメージヘア

 

白髪染めには、白髪を黒くするために染色剤が使われていますが、白髪を黒く染めるために、染料は強めになっています。

染めた後の髪へのダメージが、通常のカラーリングなどより大きいという意見もああります。また、市販の白髪染めには強い薬剤が使われる傾向があり、手軽ですが髪の傷みが早くなる場合があります。

 

長年の白髪染め

白髪染めを長年やりすぎて髪が傷んでしまい、白髪染めをやめたいと思う人もいるようです。

早い人では20代から白髪染めを使用し始めることもあります。その後、定期的に白髪染めをするとなれば、かなりの回数染めることになりますから、髪が傷んでしまうことがあります。

髪をきれいにしたくて白髪染めをしたのに、パサパサの髪になってしまい、イメージとは大きくかけ離れてしまったということもあるでしょう。

白髪染めをしていてよくあるダメージは、髪が乾燥してゴワゴワする、パサつくというケースです。

 

染める回数

白髪染めで髪が傷んでしまう原因としては、染める回数にもあります。

白髪染めはおしゃれ染めと異なり、白髪を隠すために行うので、回数が多くなる傾向があります。何度も強い薬剤で染めると、キューティクルなどが傷んだ状態でまた染め直さなければなりません。そのため、髪がどんどん傷んでしまうのです。

 

髪のダメージが大きくなると、自然の生え変わりサイクルにも影響をおよぼして、そもそも健康な髪が生えてこなくなる危険性もあるため、これ以上ダメージを増やさないために、白髪染めをやめる方も多いようです。

プリン頭になってしまうのが気になる

白髪のプリン頭

 

髪は日々生まれ変わっています。いったん染めても、伸びてくれば新しく生えてきた根元は染められていません。

トップ部分だけが白髪になってしまう、いわゆる「プリン頭」になってしまいます。

これを気にして、白髪染めをやめたいと思う人も少なくありません。

白髪が気になる方は、頭頂部分や、根元の白髪を気にされている方が多く、プリン頭になることで、逆に白髪が目立ち、ますます気になってしまうようです。

 

また、白髪は均等に生えてくるとは限らず、部分的にまとまって生えてくることもあります。そうなると、白髪の部分が目立って余計に気になります。

気になる場合は、リタッチカラーで伸びてきた部分だけを染める施術もあります。

ただし、どのタイミングで行うべきかの判断は難しいものです。少しでも伸びてきたらすぐに染め直すと、髪も傷みやすくなるでしょう。

 

しかし1カ月に一度のペースでは、プリン頭のままずっと我慢することになりストレスが溜まります。

市販の部分染めなどでの対処も、だんだん白髪を追いかけることに疲れてしまって、白髪染めをやめる決断をする人も多いです。

グレイヘアーを活かしたい

グレイヘアー

 

白髪(グレイヘアー)を活かす人も増えてきています。

かつては、白髪というと加齢の象徴のようなイメージがあり、白髪が増えるのを敬遠する人が大半でしたが、白髪を自然現象として受け入れる人が増え、グレイヘアーの美しさに注目する人が多くなっています。

美しいグレイヘアーのシニアモデルなども登場し、グレイヘアーでファッションを楽しむ方が増加中です。

 

男性はロマンスグレーという言葉があるように、以前から白髪まじりの髪の魅力も語られてきましたが、現在では、男女ともにグレイヘアーの魅力が再認識され、40代の若い世代の白髪も、ファッションの一部として楽しんでいらっしゃる方もいます。

年齢とともに無理なく自然体で暮らすことの大切さに気づいた人が、白髪染めをやめるという決断をしているといえるかもしれません。

 

グレイヘアならではのコーディネートも

グレイヘアーにすると、これまでにはなかったようなコーディネートも楽しめるようです。

黒髪に比べるとカジュアルで肩の力が抜けた雰囲気で、年齢相応の余裕も感じられ、グレイヘアーが好きだという人もいます。

白髪染めをやめてグレイヘアーに変えたら、これまでは避けていた明るい色の服が似合うようになった、という人もいます。

白髪が白っぽくて銀髪に近い人はパステルカラーの服装が似合いますし、黄みが強い人はマスタードやオレンジなどの温かみのある色が似合います。

 

白髪をポジティブにファッショナブルに捉える人が増えているようです。

 

白髪染めをやめる年齢

白髪染め

 

実際に白髪染めをやめている方たちは、何歳でやめているのか気になる方も多いのではないでしょうか。

白髪染めをやめている人たちの年齢はさまざまで、40代でやめてしまう人もいれば、60〜70代くらいで完全に白髪になるまで待ってから白髪染めをやめる人もいます。

 

最初から白髪が出てきても一切染めない選択が一番楽かと思いますが、若いうちは染める方が多いので、その場合やめるタイミングが難しくなります。

どのタイミングでやめるかは、白髪の分量にもよるでしょう。

 

白髪の割合

白髪がまだ少ない年齢では、染めたほうがきれいに見えるかもしれません。白髪の量が多くなったら、染めずに、グレイヘアーにしたほうが年齢相応の美しい髪になるかもしれません。

将来白髪染めをやめたい方は、事前にグレイヘアーの方のスタイルなどを参考にし、白髪の割合がどのくらいの髪がご自分の好みか、ご自分が挑戦したいスタイルに合わせるにはどのくらいの量の白髪があった方が良いのかなどをあらかじめ考えておくと良いでしょう。

 

今の自分に合っているかどうか

顔立ちによっては、染めた髪のほうが逆に老けて見えてしまう方もいらっしゃいます。顔と髪があまりマッチしなくなったら、白髪染めを卒業するタイミングだと考えるのも1つです。

自分としては白髪染めをやめたいけれど、仕事上染めたほうが良いという方は、仕事をリタイアしたタイミングで白髪染めをやめる挑戦をされても良いでしょう。

また、人によっては白髪の黄みが強かったりして、思うようなグレイヘアーにならない場合もあります。事前にご自分の白髪のタイプを確認しておく事も大切でしょう。

 

白髪染めをやめる方法

白髪染めをやめても、だんだんとプリン部分が広くなっていく過程があるので、すぐにきれいなグレイヘアーになれるわけではありません。

地毛に戻すまでの期間をどうきれいに過ごすかが、白髪染めをうまくやめるための1つのポイントになります。

白髪用カラートリートメント

地毛に戻す過程でカラートリートメントを使うことで、余計なダメージを減らす事ができます。

ヘアカラーや白髪染めは、髪を脱色すると同時に染めることができる薬剤で、やや強めになっています。

 

一方、カラートリートメントは染料を髪の毛の表面に付けていくため、髪を守りながら色をつけていくことができます。髪色を明るくすることはできませんが、髪へのダメージも少なく白髪ケアを行えます。

 

マイナチュレの白髪用カラートリートメント

白髪ケア、ヘアケア、スカルプケア、エイジングケアの4つが一度にできるオールインワンケアカラートリートメントです。植物由来原料を約94%使用していて、髪と頭皮へのダメージを抑えて白髪ケアが可能です。

マイナチュレカラートリートメント

200mL

定期コース :3,380円(税別)(送料無料)

通常購入 :3,980円(税別)+送料750円

>> オールインワンケアができる白髪用カラートリートメントはこちら

 

いかがでしたでしょうか。

白髪染めをやめたいと考えている理由は、様々あるかと思います。タイミングや方法、止めた後、グレイヘアーに戻るまでの期間のことなど、悩みも多いかと思います。

今回の記事が、少しでもみなさんのヘアストレスフリーに繋がればと思います。

 

 

オールインワンケア カラートリートメント

マイナチュレの白髪用カラートリートメントは植物由来原料を94%使用した無添加のカラートリートメントです。
髪・頭皮にやさしく、白髪ケアはもちろん、スカルプケア、ヘアケア、エイジングケアで使うたびに美しい髪を目指せます。

 

マイナチュレ 育毛剤

  • 無添加
  • 植物由来原料を94%使用
  • 白髪ケア、ヘアケア、スカルプケア、エイジングケアが可能
  • ジアミン系染料フリー

 

 

「染まる」ことにこだわり開発しました。

髪や頭皮へのダメージを気にすることなくおしゃれを楽しんでください。

 

The following two tabs change content below.
redvision
redvision
マイナチュレでは、女性の髪・頭皮の悩みを解決に導く商品を届けています。 一人でも多くの女性が笑顔で楽しく毎日を過ごせるようお手伝いさせていただいています。