抜け毛を防止する!正しいドライヤーの掛け方伝授

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近は女性でも、薄毛に悩む方が増えています。抜け毛を起こす原因にはたくさんのことが考えられますが、そのひとつにドライヤーのかけかたがあります。普段何気なくかけているドライヤーの使い方を、きちんと学んだ、という方は少ないでしょう。正しいドライヤーのかけかたを知ることで、髪へのダメージがうんと減らせる可能性があるのです。抜け毛予防にも効果的なドライヤーも、あわせてご紹介していきます。

 

抜け毛を増やしている原因はドライヤーのかけ方かも?

髪を束にして引っ張っても、よほど力を入れないと抜けることはありませんが、1本ずつ引っ張ると、比較的軽い力で抜けてしまいます。このように髪の毛は、とてもデリケート。普段のヘアケアは、慎重に行いたいものです。

 

熱風が頭皮の刺激になっている

毎日使うドライヤーによって、抜け毛を増やしているのかもしれません。

ドライヤーの送風口から出る温風は、各社100度以上に設定されています。ドライヤーをかける際、片手をかざしてみると、とても熱いことがわかります。間違った使い方をしていると、そのたびに髪や頭皮を刺激することになります。そのたびに髪や頭皮に影響を与えているとなると、抜け毛が増える要因のひとつになると考えてもおかしくありません。

 

水分が奪われて、髪や頭皮が乾燥する

通常の髪の水分量は、およそ12~13%です。ドライヤーをあてすぎて乾かし過ぎてしまうと、必要以上に乾燥させてしまいます。ドライヤーで乾かすとき、はじめはなかなか乾きませんが、ある程度乾燥が進むと一気に水分が蒸発してしまいます。髪や頭皮の乾燥は、多くのトラブルを起こします。頭皮の湿り気がなくなったあとは慎重にドライヤーをあてて、乾かしすぎないように気をつけましょう。

 

髪の毛のツヤも失われる

水分を奪われすぎた髪は、表面のキューティクルが剥がれ、髪のツヤが失われてしまいます。さらに熱が加わると、髪内部の組織を変質させ、枝毛や切れ毛を引き起こしてしまいます。

参考://www.kao.com/jp/haircare/care_04.html

 

頭皮まで乾燥させすぎてしまった場合は、頭皮の角質が剥がれて、フケや炎症を起こしてしまう可能性もあるのです。髪を洗ったあとにドライヤーをかけるのは、濡れたままだと細菌が繁殖しやすくなったり、髪を傷めたりするため、スタイリング時のドライヤーは、髪の形をキープさせるために使いますが、正しい方法で使わないと、別のダメージを与えてしまうことになりかねないのです。

 

髪と頭皮を守るために。正しいドライヤーのポイント

ツヤのある美しい髪を保ちつつ、抜け毛を最小限に抑えるには、正しい方法でドライヤーを使いましょう。

髪の毛を洗ったあとはまずはタオルドライをしっかりと

タオルに頭皮や髪の水分を移すように、髪をぽんぽんと優しく抑えるように、水分をとっていきます。特に地肌を中心に、タオルドライしてください。このとき擦ってはいけません。キューティクルが剥がれて、髪が傷む原因になってしまいます。

 

ドライヤーは髪から15~20cm離して

髪の温度が100℃を超えると、変質がはじまるといわれています。ドライヤーは、髪から15~20cm以上離して使いましょう。

 

ドライヤーに温風と冷風の切り替えがついているときは、熱くなりすぎないよう、温冷を切り替えながらあてると、温度が上がりすぎることを防げます。

 

同じところに長くあてない

髪の一か所に温風をあてすぎると、その部分の温度が急上昇します。指で髪の根元に触れつつ髪をほぐしたり、ドライヤーを小刻みに動かしたりしながら乾かしましょう。

参考:日本化粧品検定2級・3級対策テキスト

 

スタイリングにドライヤーを使用するときは

乾いた髪をスタイリングするときは、水やスタイリング剤で髪の毛を濡らしてから行います。乾いている髪に直接、ドライヤーの熱風をあてると、急激に温度が上がり、髪が傷みやすくなります。傷みはじめた髪は、髪同士が軽く触れる程度でキューティクルが剥がれてしまいます。髪は死んだ細胞ですから、一度傷むともとに戻すことはできません。傷んでしまったあとは、表面にヘアケア剤を塗ってごまかすしか方法がないのです。

 

使うドライヤーにもこだわって

ドライヤーは髪を乾かすためのものですから、機能にこだわって選ぶ方は少ないかもしれません。

「ドライヤーをうまく使えていない」「ドライヤーで髪や頭皮にダメージを与えているかもしれない」そう感じている場合は、便利な機能がついたドライヤーを使うことで、抜け毛や髪のダメージを減らせる可能性が高いです。

 

色々なドライヤーがありますが、中でもおすすめはマイナスイオンドライヤーです。

髪の毛が乾燥したとき、静電気を帯びている事を感じたことがある方は多いと思いますが、普段から髪は、プラスの電気を帯びやすいのです。静電気を帯びた髪は、広がるだけでなく、髪にダメージを与えたり頭皮に影響を与えたりする可能性があります。静電気は、キューティクルを剥がしやすくして、枝毛や切れ毛の原因になったり、空気中のちりやほこりを引き寄せ、その中に潜む病原菌が頭皮についたりすることで、頭皮トラブルを起こす可能性があるのです。

 

マイナスイオンが、髪にいきわたると、プラスの帯電をなくしてくれますから、マイナスドライヤーを使うことで、頭皮の健康を守ることにつながります。

 

マイナチュレ

クレイツイオン®スウィングエアー ゆれドラ

8,380円(税抜)

公式サイト://www.my-nature.jp/products/hairdryer

美容室でも使われることの多い、クレイツイオンシリーズのドライヤー。

このドライヤーの中でも、ゆれドラは、名前のとおりヘッド部分が自動で上下左右に揺れてくれるので、1か所にあたりがちな熱風を自然に拡散させてくれます。マイナスイオンと遠赤外線には、細胞の活性化や抗酸化、臭いを分解する効果などが期待できますから、髪を乾かすだけで、しっとりまとまりのある健康な髪にしてくれます。

 

毎日の正しいケアで抜け毛を予防しましょう

抜け毛を起こす原因は、もちろん他にも沢山あります。毎日行うヘアケアが要因になっていることも考えられます。

シャンプー時に強く洗ってしまう、熱いお湯ですすいでいる、またシャンプーやヘアスタイリング剤、パーマ、ヘアカラーの成分などによって刺激を起こすことも忘れてはいけません。凝ったヘアアレンジをする場合は、髪を強く引っ張った状態にならないよう気をつけることも大切です。

そんなヘアケアの中でも、髪の毛に負担をかけてしまうドライヤーですが、少し使い方を見直すだけでダメージを減らす事が出来ます。毎日使うヘアケア商品の見直し、ヘアケア方法の見直しを行って、抜け毛のない健康な頭皮環境を取り戻しましょう。

The following two tabs change content below.
坂口美雨
ライター/女性向けスキンケア用品の通販会社に勤務。PR業務に携わった経験をいかし、結婚後はフリーのライターとして、女性の美や健康、スキンケア、メイク、ヘアケアに関する記事などを多数執筆。スキンケアアドバイザーの資格を取るため勉強中。